映画「トイ・ストーリー」から学ぶ英会話

このページでは、映画「トイ・ストーリー」より、日常英会話・英語学習に役立つ便利な表現やフレーズについてご紹介します。

I don’t get it  わからない。

  • 時間 :4分43秒
  • シーン:ポテトヘッドの顔のパーツがぐちゃぐちゃになる

Mr. Potato head : Hey, Hamm. Look, I’m Picasso!(見ろよハム、ピカソだ!)

Hamm: I don’t get it.(意味不明。)

Mr. Potato Head : You uncultured swine! (文化のない豚め!)

I don’t get it「理解できない」ことを示すフレーズです。「わからない」と気軽に言いたい時によく使われます。

「I don’t understand」がフォーマルな場面でのみ使われるのに対し、こちらの表現は場面を問わず使うことができます。

例:

A : Did you understand what your teacher said?(なんて先生が言ったか理解できた?)

B : I didn’t get it. (わからなかったよ。)

replace  置き換える

  • 時間 :8分13秒
  • シーン:アンディの誕生日にみんなが怯える
Woody : Hey, listen, no one’s getting replaced. This is Andy we are talking about. It doesn’t matter how much we’re played with. (誰も取り替えられないよ。アンディーのことだ。どのくらい今まで遊ばれたかなんて関係ないさ。)

replace「取って代わる」という意味です。「後任になる」という意味でも使うことができます。

例1:Nothing can replace my daughter. (私の娘にとって変わるものはない。)

例2:Mr. White replaces Mr. Brown. (ホワイトさんはブラウンさんの後任だ。)

leave behind   置いていく

  • 時間 :11分10秒
  • シーン:兵士たちが慌てている

Soldier 1 : G-G-Go on without me! J-Just go!(私を置いていけ!置いていけ!)

Solider 2 : A good soldier never leaves a man behind. (いい兵士は絶対に仲間を置いていかない。

leave behind」は「後ろに置いていく」「置き忘れる」という意味があります。

例:I left my umbrella behind. (傘を置き忘れた。)

ちなみにleave no man behind「誰も見捨てない」という意味になります。

turn around  ひっくり返す

  • 時間 :13分19秒
  • シーン:無線が壊れる

Mr. Potato head : Now, we’ll never know what it is!(これで何かわからなくなったじゃないか!)

Hamm : Way to go, Rex!(よくやった、レックス。)

Woody : No, no! Turn them around! Turn them around!(いや!ひっくり返せ!ひっくり返せ!

turn aroundの主な意味は「振り向く」です。命令文などで使われることが多いです。

例1:Turn around. Your mom is waiting for you. (振り返りなさい。あなたのお母さんが待っているのよ。)

以下のような意味でも使われることがあります。

  • 意見を変える
  • (事態が)良くなる
  • 回復させる

例2:Maybe things will turn around by then.(もしかしたらその時までに事態が良くなるかも。)

impress 感動させる

  • 時間 :18分11秒
  • シーン:バズに興味津々のおもちゃにウッディがイライラする

Woody : Look, we’re all very impressed with Andy’s new toy.(わかったよ、僕らみんなアンディの新しいおもちゃに感動だ。)

Buzz : Toy?(おもちゃ?)

Woody : T-O-Y. Toy! (お、も、ちゃ。おもちゃ!)

impress「感動させる」という意味の動詞です。「感動した」ことを表したい時には、過去分詞のimpressedが使われます。

例1:I was so impressed by her dance. (彼女のダンスに感動したよ。)

「impress」には「印象を与える」という意味もあり、名詞形impression「印象」という意味で使われます。

例2:first impression (初対面の印象)

get on my nerves イライラする

  • 時間 :23分25秒
  • シーン:スペースレンジャーを演じ続けるバズにイライラする

Woody : Stop with this spaceman thing! It’s getting on my nerves. (そのスペースマンごっこをやめろ。イライラする。

Buzz : Are you saying you wanna lodge a complaint with Star command? (スターコマンドに不満があるのか?)

「nerves」は「神経」を意味します。よって「get on my nerves」は「神経に乗る」、つまり「イライラする」ことを表します。

苛立ちを表す表現は以下のものもあります。

  • annoying(迷惑な、うるさい)
  • irritating(腹立たしい、イライラする)
  • vexing(いらだつ、焦った)

例:Mom, I hate her. She is so annoying. (ママ、あの子嫌い。迷惑なんだ。)

What do you mean?  どういう意味だ?

  • 時間 :28分5秒
  • シーン:バズが落ちたことについて話し合っている

Mr. Potato head : He’s saying that this was no accident. (これは事故じゃないって。)

Lady : What do you mean?どういう意味?

Mr. Potato head : I mean Humpty-Dumpty was pushed by Woody. (ウッディが押したってこと)

「mean」は「意味する」を表します。よってwhat do you mean「どういう意味だ?」という意味のフレーズになります。

この表現は日常会話で非常によく使われます。特に相手に失礼なことを言われ、聞き返す時に使うことが多いです。

例:What do you mean? Are you telling me that I made her cry?(どういう意味?俺が彼女を泣かせたって?)

shut up   黙れ

  • 時間 :32分29秒
  • シーン:車にバズとウッディが轢かれそうになる

Buzz : According to my Navi-computer….(私のナビによると…。)

Woody : Shut up! Just shut up, you idiot! (黙れ。黙れ!ばか!)

Buzz : Sheriff, this is no time to panic. (保安官、今はパニックになる時じゃない。)

shut upは「黙る」という意味です。命令形で「黙れ!」という意味で使われることが多いです。

この表現はかなり強い表現です。ただ静かにしてほしい時には以下のフレーズも使えます。

  • be quiet
  • keep it down

例:Could you be a little bit quieter?(もう少し静かにしてもらえます?)

whatever  なんでも

  • 時間 :41分2秒
  • シーン:シドが言い訳をする
Sid : NO, she’s lying! Whatever she says, it’s not true! (違う!嘘をついているんだ!彼女が言ったことはなんでも嘘だ!)

whatever「なんでも」という意味です。

「whatever +主語+動詞」の形で「〜が…したことはなんでも」という意味になり、日常英会話でよく使われます。

例1:Fine. Whatever I did was wrong, right? (わかったわ。私がしたことはなんでも間違っていたんでしょう?)

例2:You can get whatever you want. (君がほしいものはなんでも手に入るよ。)

snap out of it 気分転換をする

  • 時間 :50分36秒
  • シーン:正気を失ったバズを慰める

Buzz: I am Mrs. Nesbitt! Ha-ha-ha-ha!(私はネスビットよ。オホホホ。)

Woody : Snap out of it, Buzz!(目を覚ませ、バズ!)

Buzz : I-I-I-I’m sorry. You’re right. (ごめん、君の言う通りだ。)

snap out of it「パッと気分転換をする」を表すフレーズです。

憂鬱な気分から目を覚ますニュアンスがあります。

「気分転換」を表すフレーズは他にもあります。

  • for a change
  • change of pace
  • need a break
  • need some fresh air

get outta  外にだす

  • 時間 :57分54秒
  • シーン:ウッディがバズに助けを求める

Buzz : I can’t help anyone. (誰も助けられない。)

Woody : Why, sure you can, Buzz. You can get me outta here. (なんで、できるに決まっているだろう。僕をここから出せるだろ。)

「out of」はスラングでは「outta」となることがあります。

get outtaは「get out of」という意味で「抜け出す」を表すフレーズになります。

because of  〜のせいで

  • 時間 :1時間1分45秒
  • シーン:ウッディがシドのおもちゃに助けを求める
Woody: There is a good toy down there, and he’s gonna be blown to bits in a few minutes. All because of me. We gotta save him. (良い子のおもちゃが下にいるんだ。数分で吹き飛ばされる。僕のせいで。助けなくちゃ。)

理由を表す「because」がbecause ofの形になると「〜のせいで」という意味になります。

例1:Our trip was cancelled because of the storm. (嵐のせいで旅行が中止になった。)

また「〜のおかげで」と言いたい時にはthanks toを使って表すことができます。

例2:I can swim thanks to my brother.(お兄ちゃんのおかげで泳げる。)

under control  うまくいく

  • 時間 :1時間5分9秒
  • シーン:庭にバズを助けにいく

Buzz : Woody! Great! Help me outta this thing. (ウッディ!よかった!ここから出してくれ!)

Woody : Shh!(シー!)

Buzz : What? (え?)

Woody : It’s okay. Everything is under control.(大丈夫だ。すべてうまくいっている。

under controlを直訳すると「すべて管理下にある」という意味になります。ここから派生して「すべてうまくいく」を表すフレーズとして使われています。

catch up   追いつく、捕まえる

  • 時間 :1時間8分9秒
  • シーン:バズが柵に引っかかってしまう
Buzz : Just go. I’ll catch up. (いけ、後で追いつく。

catch upの基本的な意味は「追いつく」です。物理的な距離のほか「課題を終わらせる」「話す」といった意味でも使うことができます。

例1:I’ll catch up on the assignments tonight. (課題は今夜終わらせるよ。)

例2:Don’t worry. I’ll catch you up later. (心配しないで。すぐに追いつくよ。)

例3:Let’s catch up. (久しぶりに会おうよ。)

What have we done? なんてことしてしまったんだ。

  • 時間 :1時間12分
  • シーン:バズが無事なことがわかる

Lady : Woody was telling the truth.(ウッディは事実を言っていたんだわ。)

Slincky : What have we done?(なんてことしちゃったんだ。)

Rex : Great! Now I have guilt. (よかった。今罪悪感を感じるよ。)

What have I done?」は現在完了を使ったフレーズです。「何をしてしまったんだ」と自分の行いを後悔するニュアンスが含まれています。

way to go  やるじゃん

  • 時間 :1時間16分27秒
  • シーン:クリスマスのプレゼントの発表

Segreant : Molly’ first present is Mrs. Potato Head. Repeat, Mrs. Potato Head.(モーリーの最初のプレゼントはポテトヘッド夫人。繰り返す、ポテトヘッド夫人。)

Hamm : Way to go. (やるね。)

way to go「やるね」と相手を褒めるフレーズです。ネイティブの日常会話では、感嘆を表すフレーズとして非常によく使われます。

似たような表現としては以下のものが挙げられます。

  • Good job!
  • You did it!
  • Cool!

例:Good job, Kevin! You scored! (よくやった、ケビン!得点入れたよ!)

映画「トイ・ストーリー」のあらすじ

ウッディはいつもアンディの一番。他のおもちゃたちのリーダーです。

しかし、引越し間際のアンディの誕生日に新しいおもちゃ、バズ・ライトイヤーが来たことで立場が逆転。

嫉妬したウッディはバズを突き落としたことにより、二人とも外の世界で迷子に。

二人の家へ帰る大冒険が始まります。

果たして二人は家へ帰れるのか…。

ディズニー・ピクサーが送る、心温まる世界初の長編CGアニメーション映画です。

 

映画「トイ・ストーリー」を観られる動画配信サービス

映画「トイ・ストーリー」を観るには、以下の動画配信サービスがおすすめです。

>>>Disney Plus

 

 

 

「トイ・ストーリー」以外にも英語学習におすすめの映画はたくさんあります。

以下のページでまとめていますので、映画で英会話も学びたい方はこちらもご覧ください。

>>英語学習におすすめの映画30選【レベル・ジャンル別】

タイトルとURLをコピーしました