TOEIC結果発表はいつ?2020年日程一覧|オンラインで1週間早く知る方法も

toeicの結果発表いつTOEIC勉強法

TOEICの結果発表はオンライン・ネットと郵送の2通りで行われます。

オンライン・ネットでの発表は試験日から17日後、公式認定証は試験日から30日以内に受験した本人宛に親展にて発送されます。

各受験回の具体的な発表日は本文で一覧でお知らせします。

オンラインでの結果発表される時間は、当日の12時過ぎです。結果発表と同時に、受験者が申請したメールアドレスにも発表通知が届き、メール内のリンクから結果を確認できます。

TOEICの結果発表は、いつかいつかと待ち遠しいですが、こればっかりは決まっている日まで待つしかないですね。

コロナウィルスの影響で一時中止していたTOEIC試験ですが、2020年10月から再開していますが、抽選方式での受験となっています。10月25日実施回から午前と午後の2部制になっており、抽選倍率は全国でおよそ1.5~3.5倍程度になっています。

TOEIC結果発表スケジュール

2020年のTOEIC結果発表スケジュールは以下の通りです。

オンラインでの確認:TOEIC試験結果の確認(TOEIC Square)

試験日オンライン発表公式認定証発送
2019年12月15日(日)2020年1月7日(火)2020年1月14日(火)
2020年1月12日(日)2020年2月4日(火)2020年2月11日(火)
2020年3月8日(日)2020年3月31日(火)2020年4月7日(火)
2020年4月12日(日)2020年5月7日(火)2020年5月12日(火)
2020年5月24日(日)2020年6月16日(火)2020年6月23日(火)
2020年6月28日(日)2020年7月21日(火)2020年7月28日(火)
2020年9月13日(日)2020年10月6日(火)2020年10月13日(火)
2020年10月4日(日)2020年10月27日(火)2020年11月2日(月)
2020年10月25日(日)2020年11月17日(火)2020年11月24日(火)
2020年11月15日(日)2020年12月8日(火)2020年12月15日(火)
2020年12月6日(日)2020年12月29日(火)2021年1月5日(火)

(出典: 国際ビジネスコミュニケーション協会)

TOEICのオンライン結果を受け取れる人、受け取れない人

実はすべての人がTOEICの結果発表をオンラインで見られるわけではありません。

TOEICの試験結果をWebで見られる人は以下の条件を満たした人です。

・オンラインでTOEICの申し込みをした人
・申込時に「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にチェックを入れた人

逆にTOEICの試験結果をWebで見られない人は以下の条件に当てはまる人です。

・コンビニから申し込んだ人(=オンライン申し込みをしていない)
・申込時に「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にチェックを入れなかった人

オンラインでTOEICの結果を確認する方法

オンラインでTOEICの結果発表を確認する手順を説明します。

TOEIC公式サイトにアクセス

まずTOEIC SQUAREにアクセスし、ログインします。ログインIDはメールアドレスで、パスワードは登録したときに使ったパスワードです。

ログイン

テスト結果確認ページへ

ページをスクロールダウンして以下の表示からテスト結果確認ページへと移行します。

テスト結果

オンラインで確認できるTOEICの結果はスコアのみ

オンラインで確認できるTOEICの結果はトータルスコアとリーディングセクション、およびリスニングセクションのスコアのみです。

項目別の「ABILITIES MESURED」は公式認定証が届くまでは確認できません。

abilities measured

TOEICの結果の見方

TOEICの結果発表は、オンラインではスコアのみ、公式認定証ではスコアに加え、「ABILITIES MEASURED」という各セクションごとに5つの項目に分けたもののスコアも知ることができます。

TOEICスコア

スコアについては、リスニング・リーディング各セクションとも最高点を495点、最低点を5点として、5点刻みでスコアが表示されます。また全体の中でどのポジションにいるかを「Percentile rank」として表示してくれます。

TOEICスコア

ABILITIES MEASURED

ABILITIES MEASUREDは、全体を100%として、あなたの各能力がどのポジションにいるのか、平均点は全体のどのポジションなのかを表示しています。

ABILITEIS MEASURED

ABILITIES MEASUREDの各評価項目は以下の通り。

リスニング

  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる(Part1、2)
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる(Part3、4)
  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる(Part1、2)
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる(Part3、4)
  • フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる(Part2、3、4)

リーディング

  • 文書の中の情報をもとに推測できる(Part7)
  • 文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる(Part7)
  • ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる(Part6、7)
  • 語彙が理解できる(Part5、6、7)
  • 文法が理解できる(Part5、6)

ちなみにTOEICスコアに有効期限はありません。詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

>>TOEICスコアの有効期限はいつ?

TOEICの公式認定証が届かない場合

TOEICの公式認定証が試験日から35日経過してもお手元に届かない場合は、試験から65日以内にお問い合わせ電話番号に連絡しましょう。

65日以上経過してからの未着連絡は再発行手数料(定額小為替もしくは普通為替で550円)を支払う必要があります。

お問い合わせ電話番号
TEL:03-5521-6033(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)

結果を早く知りたい場合はTOEIC IPテスト

もし試験終了後にできるだけ早く結果が知りたい場合には、TOEIC IPテスト(団体特別受験制度)という学校や企業がTOEICの実施機関と契約して、団体ごとに場所と時間を決めて試験を実施するテストです。

これが受験できるのであれば、受験日から1週間程度で結果が出ます。所属する学校や企業にTOEIC IPテストを受験できないか、確認してみると良いでしょう。

 

TOEICの結果発表はいつなのか まとめ

TOEICの結果発表はいつかというと、オンライン・ネットでは試験日から17日後の12時、公式認定証の発送は試験日から30日以内です。

オンラインではスコアのみ、項目別のABILITIES MEASUREDは公式認定証が届かないとわかりません。試験日から35日経過しても公式認定証が手元に届かない場合は早めに連絡して所在を確認するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました