「有終の美を飾る」を英語で言うと?

有終の美を飾る」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

有終の美を飾る
 意味:物事をやりとおし、最後を立派に仕上げること。結果が立派であること。

  • I did it to perfection.
  • bring (something) to a successful conclusion
  • round off

I did it to perfection.

  • 意味:立派に仕上げた。
  • 用語:perfection:完璧、完成

解説

こちらは英語のことわざではなく、「有終の美を飾る」と同じ意味の英語表現です。

「to perfection」を動詞の後に付けると、「立派に仕上げをする」のニュアンスが加わり、「fulfill(果たす、実現する、満足させる)」「do(行う、行動する)」のような動詞と一緒に使われます。

「Done to perfection.(完璧にやり遂げた。)」と言い換えられることもあり、こちらは現在完了の「Have done」が省略されたもので、過去形の「did」よりも完了のニュアンスが強くなります。

bring (something) to a successful conclusion

  • 直訳:〜を成功裏な結末へと導く
  • 意味:結果が立派である
  • 用語:successful:成功した、合格した / conclusion:結論

解説

こちらも英語のことわざではなく、「有終の美を飾る」に近い意味を英語で表現したものです。

文中の(something)には、仕事や試合など有終の美を飾った対象の言葉が入ります。(「project」や「work」など)

ここで使われている「bring (something) to〜」は「(何かを)〜へ導く」というフレーズで、日常会話でも非常によく使われます。

「a succsessful conclusion」は「良い結果、上出来」という意味になり、いい結果に導くことから、結果が立派であるという意味になります。

round off

  • 意味:角を落とす、完結させる、手際良く仕上げる

解説

こちらも英語のことわざではなく、「bring (something) to a successful conclusion」に似た表現として知られています。

「round off one’s 〜」に有終の美飾る対象を入れて表現することができ、「She rounded off her game by making a goal.(彼女はゴールを見事に決め、試合を有終の美で飾った。)」、「It’s not easy to round off your career. (仕事で有終の美を飾るのはそんなに簡単なことではない。)」のように使われます。

 

 

 

有終の美を飾る」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました