「馬の耳に念仏」を英語で言うと?

「馬の耳に念仏」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【馬の耳に念仏】
 意味:いくら意見をしても全く効き目がない。

  • In one ear and out the other.
  • preach to deaf ears
  • talk to the wall

In one ear and out the other.

  • 直訳:片方の耳に入ってもう片方の耳から出ていく。
  • 意味:人の話を聞いてもすぐに忘れる。全く印象に残っていない。

解説

興味のない話やおもしろくない話を聞いても、全く頭に入らず、すぐ忘れてしまいますよね。

そんな状況を表現したのがこの言葉です。

14世紀のイングランドの詩人ジェフリー・チョーサーの詩の一節に由来しています。

日常会話では以下のように使うことが多いです。

例:It goes in one ear and out the other.(それ馬の耳に念仏だね。)

また、何を言っても聞いていない様子から、「心ここにあらず」にも近い意味があります。

preach to deaf ears

  • 直訳:難聴の耳に説教する。
  • 意味:どれだけ話しかけても全く聞いていない様子
  • 用語:preach:説教する、説く / deaf:難聴の、難聴者

解説

聞く耳を持たない人に話しかける様子を表現したフレーズです。

「preach」は「牧師や伝道師が教会などで民衆に教えを説く」を意味し、宗教関連で使われる動詞です。

「preach to the wind(風に説教する)」も同じ意味の表現です。

talk to the wall

  • 直訳:壁に話しかける
  • 意味:どれだけ話しかけても全く聞いていない様子

解説

こちらも「preach to deaf ears」と同じ意味で、話しかけても聞いている気配がない状況を、壁に向かって話しかけている様子に例えた英語表現です。

例:It’s like talking to the wall.(それ馬の耳に念仏だね。)

「talk to a brick wall(レンガの壁に話しかける)」と表現することもあります。

 

「馬の耳に念仏」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました