「どんぐりの背比べ」を英語で言うと?

「どんぐりの背比べ」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには4つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【どんぐりの背比べ】
 意味:どれもこれも平凡で、特に優れて目立つものがない。

  • be(all)much of a muchness
  • be all alike
  • There is nothing much to choose between(among)them.
  • Six of one and half a dozen of the other.

be(all)much of a muchness

  • 意味:ほとんど大差ない、よく似ている

解説

この表現は「They are(all)much of a muchness.」のように、大差のない2つのものや人物を主語に置いて使う定番フレーズです。

「muchness」はあまり見慣れない単語ですが、このフレーズ以外で使うことはないので、このフレーズで覚えておくようにしましょう。

be all alike

  • 意味:似ている、同じくらいである

解説

この表現も「They are all alike.」のように主語をつけて使います。

「どんぐりの背比べ」の意味を直接的に表したフレーズです。

There is nothing much to choose between(among)them.

  • 直訳:それらから選ぶものはない。
  • 意味:大差ない、優れて目立つものがない。

解説

この表現も「どんぐりの背比べ」の意味を直接的に表しています。

「その中から選ぼうとしても何も選ぶものがない」つまり「大差ない、どれも同じくらいだ」ということですね。

基本的に「between」は2つのものに対して、「among」は3つ以上のものに対して使います。

Six of one and half a dozen of the other.

  • 直訳:一方の6つと、もう一方の半ダース
  • 意味:大差なく、本質的には同じである。
  • 用語:dozen:ダース(12個)

解説

この言葉は、18世紀のイギリスの海軍将校ラルフ・クラークが残した言葉に由来すると言われています。

どちらかを選ぶ時に「どちらを選んでもあまり変わらない」という状況で使います。

 

 

「どんぐりの背比べ」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました