「便りがないのは良い便り」を英語で言うと?

「便りがないのは良い便り」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざに当てはまる英語表現が1つありますので、詳しく見ていきましょう。

【便りがないのは良い便り】
 意味:人は平穏で特に何もない時は手紙を書いたりしないため、手紙がないというのはきっと平穏な生活を送っているからそんなに心配しないで良い。

No news is good news.

No news is good news.

  • 直訳:ニュースがないのは良いニュースだ。
  • 意味:何の知らせもないということは、何の問題もなく生活しているはずだ。

解説

このことわざは、イギリスのジェームズ1世が1616年に残した「No news is better than evil news.(ニュースがないのは悪いニュースよりも良い。)」という言葉に由来しています。

日本語の「便りがないのは良い便り」もこの英語のことわざが元になっています。

ちなみに「news」の正しい発音は「ニュー」と濁るので注意してくださいね。

 

「便りがないのは良い便り」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました