「棚から牡丹餅」を英語で言うと?

「棚から牡丹餅」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには5つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【棚から牡丹餅】
 意味:思いがけない好運を得ること。また、労せずして良いものを得ること。

  • pennies from heaven
  • an unexpected piece of good luck
  • windfall
  • godsend
  • He expects that larks will fall ready roasted into his mouth.

pennies from heaven

  • 直訳:天国からペニー
  • 意味:思いがけない幸運
  • 用語:penny:1セント硬貨

解説

この言葉は、アメリカの作曲家アーサー・ジョンストンが1936年に作ったジャズの定番ソングのタイトルで、「棚からぼた餅」とまさに同じ意味を持つ英語表現として使えます。

penniesは1セント硬貨を意味しますが、「ささやかな幸せ」のように捉えるとわかりやすいですね。

会話で使うときは「It’s like pennies from heaven.(それ棚ぼただね。)」のように言えばいいでしょう。

an unexpected piece of good luck

  • 直訳:思いがけない幸運のひとかけら
  • 意味:思いがけない幸運
  • 用語:unexpected:予期しない、思いがけない

解説

この言葉は、「棚からぼた餅」の意味の英訳に近い表現です。

「good luck」の代わりに「fortune」を使って「an unexpected piece of fortune」と表すこともできます。

windfall

  • 意味:思いがけない利益、棚ぼた

解説

windfallは、本来風によって木から落ちた果実を意味しますが、それが転じて現在では「思いがけず手に入れた大金」や「棚ぼた」という意味で使われることが多いです。

特に宝くじに当たったりギャンブルで勝ってたりして突然手に入った大金や、ビジネスで予期せず手に入った利益、思いがけない遺産、贈り物などに対して使われます。

godsend

  • 意味:思いがけない幸せ

解説

godsendは、単語からも推測できるように「神からの贈り物」「思いがけない幸せ」という「棚ぼた」に近い意味を持ちます。

たとえば失業して金銭的に苦しい時に長年使っていなかった銀行口座に大金があることを知った時など、お金などがなくて苦しんだり困ったりしている時に偶然それを手に入れる場面で使われることが多いです。

He expects that larks will fall ready roasted into his mouth.

  • 直訳:彼は焼けたヒバリが自分の口に落ちてくるのを期待している。
  • 意味:思いがけない幸運を期待する様子。
  • 用語:lark:ヒバリ(鳥)

解説

こちらはフランスのことわざが英訳された言葉です。

「棚からぼた餅」のような思いがけない幸運な出来事を期待している様子が表現されています。

 

 

ちなみに「棚からぼた餅は落ちてこない」と反対の意味を言いたい時は、

  • No sweet without sweat.(労力なしに楽しみはない。)

などの英語表現を使うといいでしょう。

 

「棚から牡丹餅」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました