「大は小を兼ねる」を英語で言うと?

「大は小を兼ねる」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【大は小を兼ねる】
 意味:大きいものは小さいものの代用として使える。 小さいものより大きいものの方が使い道が広く役に立つ。

  • Better too big than too small.
  • The greater serves for the lesser.

Better too big than too small.

  • 直訳:大きすぎるのは小さすぎるより良い。
  • 意味:小さいものより大きいものの方が役に立つ。

解説

「大は小を兼ねる」と似た意味の英語のことわざはないので、こちらは「大は小を兼ねる」を英訳した表現です。

「兼ねる」といった意味はありませんが、「小さいよりは大きい方がいい」といったニュアンスが伝わります。

ちなみに「The bigger, the better.」という英語表現がありますが、これは「大きければ大きいほど良い。」という大きさに価値をおく考え方を指すので、「大は小を兼ねる」とは少し意味が異なります。

The greater serves for the lesser.

  • 直訳:より大きいものがより小さいもののために賄う。
  • 意味:大きいものは小さいものの代用として使える。

解説

こちらも「大は小を兼ねる」を英訳した表現です。

「小さいものだと足りない部分を大きいものならカバーできる」といったニュアンスがありますね。

「A large thing serves for a small one.」と言い換えることもできます。

 

「大は小を兼ねる」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました