「精神一到何事か成らざらん」を英語で言うと?

「精神一到何事か成らざらん」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【精神一到何事か成らざらん】
 意味:精神を集中して事に当たれば、どんなに難しいことでも成し遂げられないことはない。

  • Where there’s a will, there’s a way.
  • Nothing is impossible to a willing heart.
  • It is dogged as does it.

Where there’s a will, there’s a way.

  • 直訳:意志のあるところに道は開ける。
  • 意味:本当にやりたいことであれば、できる。
  • 用語:will:意志

解説

このことわざは、17世紀のイングランドの詩人ジョージ・ハーバートが残した言葉に由来します。

「精神一到何事か成らざらん」のように「精神を集中することの大切さ」を伝えているわけではないので、少しニュアンスは異なりますが、「強い意志が必要あれば(精神が集中するので)どんな困難も乗り越えられる」と考えると、よく似た意味を持つ言葉と言えるでしょう。

Nothing is impossible to a willing heart.

  • 直訳:自発的な心に不可能なことはない。
  • 意味:強い意志や熱望があれば、何でも達成できる。
  • 用語:willing:進んで行う、自発的な、〜する意志がある

解説

このことわざは、15世紀に活躍したイギリスの作家ジョン・ヘイウッドが残した言葉です。

先ほどの「Where there’s a will, there’s a way.」と同じニュアンスがあります。

「〜したい」「〜が好きだ」という強い思いほど人を突き動かすものはない、ということですね。

It is dogged as does it.

  • 直訳:頑張ってこそ成功する。
  • 意味:根気よく頑張れば、何事も達成できる。
  • 用語:dogged:根気強い、断固とした

解説

この言葉の由来は不明ですが、「我慢強く頑張ることの大切さ」を伝える英語表現です。

どちらかというと「為せば成る」に近いニュアンスがあり、

  • It’s the dogged attitude that does it.
  • It’s the dogged attitude that achieves it.

と言われることもあります。

 

「精神一到何事か成らざらん」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました