「論より証拠」を英語で言うと?

論より証拠」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

論より証拠
 意味:あれこれ論じるよりも証拠を示すことで物事は明らかになる。

  • The proof of the pudding is in the eating.
  • Example is better than precept.

The proof of the pudding is in the eating.

  • 直訳:プリンの中に何があるかは、食べてみなければ分からない。
  • 意味:実際にやってみなければ分からない。
  • 用語:proof:証拠、証明、立証 / pudding:プリン

解説

こちらは「論より証拠」に近い意味を持つ英語のことわざです。

「pudding」は現在ではスイーツのプリンを表しますが、このことわざが使われ出したと言われる14世紀当時は「肉の詰め物」を表す言葉でした。

中世では肉の食中毒の危険性も高く、それが良い肉か悪い肉は「試してみなければ分からなかった」ことから、このことわざが使われるようになったと言われています。

省略されて、以下のように言われることもあります。

  • the proof is in the pudding
  • the proof in the pudding
  • the proof of the pudding

Example is better than precept.

  • 直訳:手本は教訓に勝る。
  • 意味:口で何々せよと言うよりは実行で模範を示す方がいい。
  • 用語:example:手本、模範 / precept:道徳的な教え, 教訓

解説

こちらも「論より証拠」に近い意味を持つ英語のことわざです。

「precept」は、「道徳的な教え、教訓」の意味で、ラテン語の「praecipere(前もって受け取る)」を語源とします。

「… is better than〜(〜より … の方が良い)」の表現が使われており、教訓より手本の方がいいことから、論じるよりも実際にやって示す方がいいという、「論より証拠」と近い意味を表します。

 

 

 

論より証拠」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました