「楽は苦の種、苦は楽の種」を英語で言うと?

楽は苦の種、苦は楽の種」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

楽は苦の種、苦は楽の種
 意味:楽をすれば後で苦労を味わうことになり、逆に苦労をしておけば後で楽ができる。

  • No pains no gains.
  • There is no pleasure without pain.

No pains no gains.

  • 意味:痛みなければ、得るものなし。
  • 用語:gain:利益、増加

解説

こちらは日常会話でも非常によく使われる表現で、「No gain, without pain.」と言われることもあります。

これ以外にも「No effort, no result.(努力なければ、結果なし。)」、「No guts, no glory.(勇気なければ、栄光なし。)」、「No cross, no crown.(十字架なければ、王冠なし。)」も同じような意味で使われます。

人を励ましたり、鼓舞する時に使える表現なのでぜひ覚えておきましょう。

「蒔かぬ種は生えぬ」の意味で使われることもあります。

There is no pleasure without pain.

  • 直訳:痛みなしに幸せはない。
  • 意味:苦しいことがあると、楽しいこともやってくる。
  • 用語:pleasure:楽しみ、喜び / pain:痛み、苦労、苦痛

解説

こちらは英語のことわざではなく、「楽あれば苦あり」を英語で表現したものです。

痛みなしでは幸せがないことから、苦楽はどちらも存在することを意味します。

「人生山あり谷あり」と訳されることもあり、良い事があれば悪い事もあり、その逆もまた然りといった意味で使われます。

ここで使われている「There is no…(〜がない)」の表現は日常会話でも非常によく使われるので、ぜひ覚えておきましょう。

「楽あれば苦あり」の意味として使われることもあります。

 

 

 

楽は苦の種、苦は楽の種」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました