「終わり良ければすべて良し」を英語で言うと?

「終わり良ければすべて良し」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには1つの英語表現が当てはまりますので、詳しく見ていきましょう。

【終わり良ければすべて良し】
 意味:物事は最後が肝心であり、過程はそこまで重要ではない。

All is well that ends well.

All is well that ends well.

  • 直訳:終わりが良かったものはすべて良い。
  • 意味:物事は最後が肝心であり、過程はそこまで重要ではない。

解説

この言葉は、シェイクスピアが作った戯曲のタイトルで、日本の「終わり良ければすべて良し」もここから来ています。

リズムよく言える語呂がいい英語のことわざの一つで、現代でもよく使われる決まり文句です。

「一時はどうなることか心配していたけど、結果的にうまくいってよかったね!」と言いたい時に使ってみましょう。

 

「終わり良ければすべて良し」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました