「思い立ったが吉日」を英語で言うと?

「思い立ったが吉日」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【思い立ったが吉日】
 意味:何かをしようという気持ちになったら、その日が吉日と思ってすぐに始めるのがよい。

  • Strike while the iron is hot.
  • Make hay while the sun shines.
  • Never put off till tomorrow what you can do today.

Strike while the iron is hot.

  • 直訳:鉄は熱いうちに打て。
  • 意味:物事は時期を逃さないうちに実行しないと成功しにくい。
  • 用語:strike:打つ / iron:鉄

解説

この言葉は「鉄は熱いうちに打て」ということわざの英語表現で、15世紀のイギリスで生まれたと言われています。

「思い立ったが吉日」と「鉄は熱いうちに打て」はよく似た状況で用いられるので、この言葉を「思い立ったが吉日」として使っても問題ないでしょう。

「善は急げ」にも使える言葉です。

Make hay while the sun shines.

  • 直訳:日が照っているうちに干し草を作りなさい。
  • 意味:何事も好機を逃してはならない。
  • 用語:hay:干し草

解説

このことわざは、16世紀のイギリスの作家ジョン・ヘイウッドのことわざ集に記録されているのが最初だと言われています。

イギリスは天気が変わりやすいため、天気が良ければすぐ草を干さなければいけなかったのでしょう。

何事も絶好のチャンスを逃さず、迅速に行動することが大切だということですね。

Never put off till tomorrow what you can do today.

  • 直訳:今日できることを明日に延ばすな。
  • 意味:今日できることは今日中に終わらせる方が良い。
  • 用語:put off:延期する

解説

このことわざは、アメリカ建国の父と呼ばれている政治家ベンジャミン・フランクリンが残した言葉だと言われています。

「今日できることは今日のうちにしておきなさい」という言葉は、日本でもよく聞くフレーズですよね。

「今日中にやろうと思っていたけど、やっぱり明日でいいか」とついついめんどくさがってしまう自分や周りの人たちを戒める時に使ってみましょう。

ちなみに、「Never do today what you can put off till tomorrow.(明日できることは今日するな。)」という全く反対の意味の言葉もありますが、こちらは「優先度の低い仕事は後回しにせよ。」というニュアンスで使われます。

どちらもビジネスの場で使えそうな表現ですね。

 

「思い立ったが吉日」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました