「二度あることは三度ある」を英語で言うと?

「二度あることは三度ある」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには4つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【二度あることは三度ある】
 意味:物事は繰り返されるものである。

  • Things come in threes.
  • What happens twice will happen three times. 
  • It never rains but it pours. 
  • History repeats itself.

Things come in threes.

  • 直訳:物事は3回の中でやって来る。
  • 意味:物事は3回繰り返される。

解説

なにか大きな事件・災害などが起きると、その後にも同様のことが連続して起きるという「二度あることは三度ある」の意味で使われる英語表現です。

英語での共通のフレーズは「Bad / Good things come in threes.」の形で使われることが多いです。物事には良いことが三度、悪いことが三度ずつあると言われています。

What happens twice will happen three times.

  • 意味:2回起こることは3回起こる。

解説

こちらは、日本語の「二度あることは三度ある」と全く同じ意味の英語のことわざです。

「What had happened twice will happen three times.(2回起こったことは3回起こる。)」と過去完了形で使われることもあります。

有名なブラジルの小説家:パウロ・コエーリョが文中で使っていた文章の中で、こんなものがあります。

「Everything that happens once can never happen again. But everything that happens twice will surely happen a third time.(一度しか起こらないことはもう二度と起こらない。でも二度起こることは必ず三度起こる)」

It never rains but it pours.

  • 直訳:土砂降り以外の雨は決して降らない。
  • 意味:雨が降るとなると、土砂降りになる。

解説

この表現は、直訳すると「雨が降るだけでも十分嫌なのに、土砂降りになって二重の災難だ」という意味で、日本語の「二度あることは三度ある」に相当することわざです。

「泣きっ面に蜂」、「弱り目に祟り目」と訳されることもあります。

History repeats itself.

  • 直訳:歴史は繰り返す。
  • 意味:同じことが何度も起きる。

解説

これは、同じことが二度起きればもう一度起きる可能性が高いので、油断してはいけないという英語のことわざです。

「歴史は繰り返す」という意味で、同じことが何度も起きる「二度あることは三度ある」に近い表現として使われます。

 

 

 

「二度あることは三度ある」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました