「憎まれっ子世にはばかる」を英語で言うと?

憎まれっ子世にはばかる」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには4つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【憎まれっ子世にはばかる】
 意味:人に憎まれるような者が、かえって世間では幅をきかせる。

  • Ill weeds grow apace.
  • Bad people have all the good luck in life.
  • The devil’s children have the devil’s luck.
  • The more knave, the better luck.

Ill weeds grow apace.

  • 直訳:悪い雑草は速く成長する。
  • 意味:悪い奴こそ、どんどん成長し成功する。
  • 用語:ill:病気の、悪い / weeds : 雑草 / pace:速く

解説

この表現はことわざではなく、「憎まれっ子世にはばかる」の英語表現です。

ネイティブ間ではあまり使われない表現ですが、悪い雑草ほど育ちが速くすぐに繁殖してしまう、という意味の表現になります。

「apace」の代わりに「fast」が使われるケースもあります。

Bad people have all the good luck in life.

  • 直訳:悪い人たちは人生において幸運を持っている。
  • 意味:悪い人ほど人生において幸運を持ち合わせている。

解説

こちらも英語のことわざではなく、「憎まれっ子世にはばかる」を英語で表した表現です。

悪い人ほど運が良く、人に恨まれるような人が成功し活躍するといったニュアンスの「憎まれっ子世にはばかる」にぴったりの表現ですね。

The devil’s children have the devil’s luck.

  • 直訳:悪魔の子供たちは悪魔の運を持っている。
  • 意味:悪い奴らこそ悪運を持っている。

解説

英語の表現では「悪魔」とちょっと大げさに聞こえますが、邪悪な人は時に意外な悪運をもっているという意味で、邪悪な人を表す単語として「devil」が使われています。

The more knave, the better luck.

  • 直訳:悪党であればあるほど、良い運。
  • 意味:悪党ほど運がある。
  • 用語:knave : 悪党

解説

こちらはデンマークのことわざとしてよく知られています。

「Bad people have all the good luck in life.」と同じような意味で、「善人より悪人の方が幸運を持ち合わせている」という表現です。

ちなみに「The (( 比較級 )) + the (( 比較級 )) 」の表現は、「〜であればあるほど、〜だ」の意味でよく使われます。

 

 

 

「憎まれっ子世にはばかる」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました