「泣きっ面に蜂」を英語で言うと?

「泣きっ面に蜂」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには7つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【泣きっ面に蜂】
 意味:困っている状況や悲惨な状況においてさらに困り事や不幸・災難が舞い込んでくる。

  • It never rains but it pours.
  • rub salt into a wound
  • It’s a double whammy.
  • add insult to injury
  • One misfortune rides upon another’s back.
  • Bad things come in twos.

It never rains but it pours.

  • 直訳:土砂降り以外の雨は決して降らない。
  • 意味:雨が降るとなると、土砂降りになる。

解説

この表現は、直訳すると「雨が降るだけでも十分嫌なのに、土砂降りになって二重の災難だ」という意味で、日本語の「泣きっ面に蜂」に相当することわざです。

「二度あることは三度ある」、「弱り目に祟り目」と訳されることもあります。

rub salt into a wound

  • 直訳:傷口に塩を揉み込む
  • 意味:事態を悪化させる
  • 用語:rub:すり込む、こする / wound:傷

解説

この言葉は「悪い事態をいっそう悪くする、事態を悪化させる」の意味から「泣きっ面に蜂である」の英訳になります。

「rub salt in someone’s wounds」と言うと「(人)の気持ちを一層傷つける」の意味になります。

It’s a double whammy.

  • 直訳:それはダブルで縁起が悪いものだ。
  • 意味:それは二重苦だ。
  • 用語:whammy:縁起の悪いもの

解説

こちらはことわざではなく「泣きっ面に蜂」の様子を表した表現です。

2つの悪いことが同時に起こることを表します。

上記のように「It’s a double whammy.」と言ったり、「They get a double whammy.」と表現したりします。

add insult to injury

  • 直訳:ケガに侮辱を加える。
  • 意味:状況をもっと悪くする。
  • 用語:insult:侮辱、無礼 / injury:ケガ、傷害、損害

解説

「add insult to the injury」の語源は、ローマの作家フェイドロスの「男の頭に噛みつくハエ」の物語から由来していると言われています。

男が頭の上のハエを叩こうとし、自分の頭を叩いてしまって恥ずかしい思いをするというエピソードです。

「They add insult to the injury.」や「It’s adding insult to the injury.」と表現します。

One misfortune rides upon another’s back.

  • 意味:災難は別の災難に乗っかってやってくる。
  • 用語:misfortune:不運、災い、災難

解説

こちらもことわざではなく「泣きっ面に蜂」の様子を表した表現です。

災難は別の災難の背中におんぶして(乗っかって)やってくる、という意味の英訳になります。

Bad things come in twos.

  • 直訳:悪いことはふたつセットでやってくる。
  • 意味:災難は1つだけやってくることはない。

解説

この言葉は、「Bad things come in pairs」と言い換えて使われることもあります。

似たような表現で「Everything comes in threes.」がありますが、こちらは「二度あることは三度ある。」の訳になります。

 

 

 

「泣きっ面に蜂」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました