「物は試し」を英語で言うと?

物は試し」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

物は試し
 意味:物事はやってみなければ、その成否やよしあしはわからない。実際に試してみるのがよい。

  • You can’t tell unless you try.
  • You’ll never know until you try.
  • Let’s just give it a try.

You can’t tell unless you try.

  • 意味:やってみないと分からない。
  • 用語:unless:もし〜しなければ、〜でない限り

解説

こちらは英語のことわざではなく、似た意味の表現になります。

「can’t tell」は直訳の「(違いが)言えない」の意味から、「分からない、気付かない」の意味になります。

ここで使われている「unless」は「if no」と同じ意味を持ち、「もし〜しなければ」の否定の意味を含みます。

「やってみないと分からない」ことから、「実際に試してみなければ良し悪しが分からない」の意味の「物は試し」に近い表現になります。

You’ll never know until you try.

  • 意味:やってみるまでは分からない。
  • 用語:until:〜まで

解説

こちらも英語のことわざではなく、「You can’t tell unless you try.」に非常に似た表現です。

やってみるまで分からない、の意味から試してみて初めて物の良し悪しが分かるという意味の「物は試し」に似た意味になります。

「until」は口語的に「till」と短縮されて言われることもあり、「You never know what you can do till you try.(やってみて初めて自分の能力が分かる。)」の表現も英語圏ではよく使われています。

Let’s just give it a try.

  • 直訳:とにかく試しにやってみよう。
  • 意味:何事も実際に試してみるのがいい。
  • 用語:give 〜 a try:〜を試してみる

解説

「try」は「試す」という意味でよく使われる単語ですが、ここでは動詞ではなく、名詞として使われています。

ここでは「just」を入れることによってワンクッション入り、「まぁ、とりあえず」のニュアンスが加わります。

「give it a try」のワンフレーズで、「それを試しにやってみる」という意味になります。

「Let’s try it.」でも同じような意味ですが、「give it a try」の方が「とりあえずやってみよう、物は試しだ」といった軽い気持ちを表すことができます。

ネイティブも色んな場面で頻繁に使う英語フレーズなので、ぜひ覚えておきましょう。

「try」の部分を「shot」や「go」に変えて、「I’ll give it a shot.」「I’ll give it a go.」と言われることもあります。

 

 

 

物は試し」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました