「耳に胼胝ができる」を英語で言うと?

耳に胼胝ができる」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

耳に胼胝ができる
 意味:同じことを何度も聞かされて、嫌になる。

  • Shut up! I’m sick and tired of hearing it!
  • I have heard enough of it.

Shut up! I’m sick and tired of hearing it!

  • 意味:黙って!もう聞くのはうんざりで疲れたよ!
  • 用語:be sick of : 〜にうんざりする / be tired of : 〜に疲れる

解説

こちらはことわざではなく、何度も聞かされて嫌になった時、「耳にタコができるよ!」と言いたい時の表現です。

「be sick of」は「うんざりする、飽き飽きする」などの意味で、「be sick of hearing」で「聞くことにうんざりする=もう聞きたくない」となり、「耳にタコができる」と同じような意味になります。

I have heard enough of it.

  • 直訳:もう何度も聞いた。
  • 意味:何度も聞いて嫌になる。
  • 用語:hear enough : 何度も聞く

解説

こちらは英語のことわざではありませんが、日常会話でも使える表現です。

「耳にタコができる」は「hear enough」で言い表すことができます。

「何度も繰り返し耳にする」という意味から、耳にタコができるのニュアンスを表すことができます。

「enough」の代わりに「too often」などを使っても同じような意味になります。

 

 

ちなみに、皮膚にできる「胼胝」は英語で「callus」と言いますが、「I have a callus on my ear.」のような直訳にすることはなく、「タコ(octopus)」が使われることもありません。

 

 

 

耳に胼胝ができる」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました