「口は災いの元」を英語で言うと?

「口は災いの元」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【口は災いの元】
 意味:不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるから、言葉は十分に慎むべきだ。

  • Out of the mouth comes evil.
  • If you can’t say anything nice, don’t say anything at all.

Out of the mouth comes evil.

  • 直訳:口から悪魔が出てくる。
  • 意味:不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるから、言葉は十分に慎むべきだ。
  • 用語:evil:悪、悪魔

解説

この言葉は、「口は災いの元」を英訳した表現です。

正しい語順に直すと「Evil comes out of the mouth.」となり、倒置法が使われています。

If you can’t say anything nice, don’t say anything at all.

  • 直訳:もし良いことを言えないのであれば、何も言わない方がいい。
  • 意味:不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるから、言葉は十分に慎むべきだ。

解説

この英語表現は、ディズニー映画「バンビ」の中で出てくるセリフが元になっています。

「口は災いの元」と同じように「言葉には十分気をつけた方が良い」という意味の他に、「くだらないことを言うのはやめなさい。」というニュアンスも含んでいます。

 

「口は災いの元」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました