「弘法筆を選ばず」を英語で言うと?

「弘法筆を選ばず」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには1つの英語表現が当てはまりますので、詳しく見ていきましょう。

【弘法筆を選ばず】
 意味:技量が優れていれば道具に左右されない。

A bad workman always blames his tools.

A bad workman always blames his tools.

  • 直訳:悪い職人はいつも自分の道具のせいにする。
  • 意味:技量が優れている者なら道具の善し悪しは関係ない。
  • 用語:blame:責める、咎める(とがめる)

解説

この言葉は、13世紀に生まれたフランスのことわざです。

逆の表現で「A good workman does not blame his tools.」と言われることもあります。

「弘法筆を選ばず」と同じように、「失敗を周りの環境のせいにするな」という戒めの意味もあります。

 

「弘法筆を選ばず」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました