「器用貧乏」を英語で言うと?

「器用貧乏」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには1つの英語表現が当てはまりますので、詳しく見ていきましょう。

【器用貧乏】
 意味:なまじ器用であるために、あちこちに手を出し、どれも中途半端となって大成しないこと。また、器用なために他人から便利がられてこき使われ、自分ではいっこうに大成しないこと。

Jack of all trades, master of none

Jack of all trades, master of none

  • 直訳:いろいろな仕事ができる人は、どれもマスターしていない。
  • 意味:あちこちに手を出し、どれも中途半端となって大成しないこと。
  • 用語:trade:職業

解説

この言葉は、14世紀のイギリスの詩人ジョン・ガワーが残した詩の一節が元になったことわざです。

「Jack」は英語圏でよくある男性の名前ですが、ここでは「一般的な人」と捉えるといいでしょう。

「trade」は「貿易」という意味でよく使われますが、ここでは「職業」という意味で使われています。

 

「器用貧乏」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました