「聞くは一時の恥、聞かずは一生の恥」を英語で言うと?

「聞くは一時の恥、聞かずは一生の恥」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【聞くは一時の恥、聞かずは一生の恥】
 意味:知らないことを聞くのは、その場では恥ずかしい思いをするが、聞かないで知らないまま過ごすと、一生恥ずかしい思いをしなければならない。

  • Better to ask the way than to go astray.
  • Nothing is lost for asking.

Better to ask the way than to go astray.

  • 直訳:道を聞かないで間違った道に進むより、聞いた方が良い。
  • 意味:知らないことを聞くのは、その場では恥ずかしい思いをするが、聞かないで知らないままいるよりはましだ。
  • 用語:astray:迷って、道からそれて

解説

この言葉はスペインのことわざで、「何事もわからないことは聞いた方が良い」ということを意味しています。

「astray」は「迷って、道からそれて」という意味の副詞で、「go」や「lead」とセットで使われることが多いです。

「迷う」という意味でよく使う「get lost」とは微妙にニュアンスが異なるので注意しましょう。

  • go(lead)astray:誤った方向に進む(迷う前の段階)
  • get lost:自分がいる場所や進む方向がわからない(迷っている状態)

Nothing is lost for asking.

  • 直訳:尋ねることで失うものは何もない。
  • 意味:わからないことを尋ねることで失うものはないので、積極的に尋ねるべきだ。

解説

この言葉はことわざというよりも、生きていく上で大切なこととしてよく使われる表現です。

「わからないことは恥じらわず、積極的に聞くべきだ」というニュアンスがあります。

 

「聞くは一時の恥、聞かずは一生の恥」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました