「蛙の子は蛙」を英語で言うと?

「蛙の子は蛙」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【蛙の子は蛙】
 意味:子の性質や能力は親に似るものだ。凡人の子は凡人にしかならない。

  • The apple doesn’t fall far from the tree.
  • Like father, like son.
  • a chip off the old block

The apple doesn’t fall far from the tree.

  • 直訳:りんごは木から離れたところには落ちない。
  • 意味:子どもの性格や行動、外見はたいてい親に似るものだ。

解説

このことわざの由来は諸説ありますが、ヨーロッパで生まれたことわざと言われています。

リンゴと聞くと、聖書のアダムとイヴのお話を連想しますが、そのお話とこのことわざの間に関連はないとされています。

「The apple never falls far from the tree.」と表現することもあります。

Like father, like son

  • 直訳:父のように、息子のように
  • 意味:子どもの性格や行動、外見はたいてい親に似るものだ。

解説

この言葉は、15世紀のイギリスの神学者Thomas Draxeが残したことわざです。

「この親にして、この子あり」という意味で、皮肉をこめて使われることが多いです。

状況に応じて「Like mother, like daughter」と言い換えてもOKです。

a chip off the old block

  • 直訳:古いブロックから落ちたかけら
  • 意味:性格が親に似ている人

解説

この言葉は、17世紀にイギリスで生まれたことわざです。

元々は「a chip of the old block」と表現されていましたが、19世紀のアメリカで「of」が「off」に変化したと言われています。

会話で使う際は「It’s like a chip off the old block.(蛙の子は蛙だね。)」と言えばいいでしょう。

 

「蛙の子は蛙」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました