「一を聞いて十を知る」を英語で言うと?

「一を聞いて十を知る」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには1つの英語表現が当てはまりますので、詳しく見ていきましょう。

【一を聞いて十を知る】
 意味:物事の一部を聞いただけで全部を理解できる、賢明で察しがいい。

One word is enough to the wise.

One word is enough to the wise.

  • 直訳:賢い者には一言で十分だ。
  • 意味:頭のいい人は、簡潔な警告や説明だけで全てを理解できる。

解説

頭の回転が速く、理解力がある人に対して使えることわざです。

アメリカではこのことわざから派生して、「a word to the wise」を大切な警告を言う時の前置きとして使うこともあります。

「賢者への一言」つまり「一番大切なこと(警告であることが多い)」ということですね。

例 : Are you meeting Peter today? A word to the wise, don’t talk about his girl friend. They has just broken up yesterday.(今日ピーターと会うんだって?これは賢者への一言だ(大事な警告だ)、あいつの彼女の話は絶対するな。あいつら昨日別れたんだよ。)

 

「一を聞いて十を知る」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました