「火の無い所に煙は立たぬ」を英語で言うと?

火の無い所に煙は立たぬ」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

火の無い所に煙は立たぬ
 意味:まったく根拠がなければうわさは立たない。うわさが立つからには、なんらかの根拠があるはずだ。

  • Where there’s smoke there’s fire.
  • There is no smoke without fire.

Where there’s smoke there’s fire.

  • 直訳:煙があるところには火もある。
  • 意味:根拠があるから噂が立つ。

解説

煙があるところには必ず火があるという例えから、「どんな噂にもどこかに根拠がある」という意味で、英語のことわざとして使われています。

「火の無い所に煙は立たぬ」という意味で、一番よく使われる表現です。

英語圏では「Where there’s smoke there’s fire.」が、音楽やTVドラマのエピソードなどのタイトルで使われることもよくあります。

There is no smoke without fire.

  • 直訳:火がなくては煙は立たない。
  • 意味:原因なしでは噂は立たない。

解説

こちらも「Where there’s smoke there’s fire.」と同様に、英語のことわざとして広く使われています。

この「smoke(煙)」はゴシップや疑い、非難などの例えであり、また「fire(火)」は事実や原因を表します。

火の気のないところに煙は立たないことから、原因がなければ噂は立たないという意味になります。

 

 

 

火の無い所に煙は立たぬ」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました