「屁の河童」を英語で言うと?

屁の河童」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには3つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

屁の河童
 意味:なんとも思わないこと。なんでもないこと。

  • It’s a piece of cake.
  • It’s a breeze.
  • It’s a cinch.

It’s a piece of cake.

  • 直訳:容易にできることだ。
  • 意味:簡単でなんともないことだ。

解説

直訳すると「一切れのケーキ」ですが、一切れのケーキなんてペロッと食べられる、というところから「容易にできる」という意味で使われます。

日常会話でも非常によく使われるイディオムの代表的なもので、容易でなんでもないことから日本語の「屁の河童」と同じニュアンスで使われる表現です。

It’s a breeze.

  • 意味:楽勝なことだ。
  • 用語:breeze:そよ風

解説

「breeze」は「そよ風」という意味の名詞で、風がそよそよと吹く様子のように、物事を楽にこなせることを表せるフレーズになります。

日常会話では「It’s such a breeze.(なんて楽勝なんだ。)」と言うこともあります。

It’s a cinch.

  • 意味:とても簡単なことだ。
  • 用語:cinch:簡単なこと、容易いこと

解説

こちらも「It’s a piece of cake.」と同じで、難なくできること、余裕でこなせることを表す英語表現です。

英語のことわざではなく、日常表現でも使われるワンフレーズ表現です。

 

 

 

屁の河童」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました