「雨降って地固まる」を英語で言うと?

「雨降って地固まる」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【雨降って地固まる】
 意味:揉め事や醜い言い合いの後は、むしろ状態が良くなるものである。

  • After a storm comes a calm.
  • After rain comes fair weather.

After a storm comes a calm.

  • 直訳:嵐の後には凪(なぎ:風や波が穏やかな状態)が来る。
  • 意味:揉め事や醜い言い合いの後は、むしろ状態が良くなるものである。
  • 用語:calm:凪、静けさ、平穏

解説

本来「After a storm, a calm comes.」が文法上正しい並びですが、この文章では主語「a calm」と動詞「comes」が入れ替わっています。

これは日本語でも使われる倒置法で、詩などによく使われるテクニックです。

ちなみに、大きな事件や異変が起こる前の不気味な静けさを意味する「嵐の前の静けさ」は、英語で「the calm before the storm」と言います。

After rain comes fair weather.

  • 直訳:雨の後に晴天が来る。
  • 意味:揉め事や醜い言い合いの後は、むしろ状態が良くなるものである。
  • 用語:fair weather:快晴、晴天

解説

こちらも倒置法で「fair weather」と「comes」が入れ替わっていますね。

どちらのことわざも使い方は日本語と同じで、「困難を乗り越えたことで前よりも状態が良くなった」「揉め事や言い争いが起こったことで一層仲が深まった」という状況で使います。

悪いこと(困難や揉め事)を悪い天気(雨や嵐)にたとえているのは日本語も英語も同じなんですね。

 

「雨降って地固まる」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました