「逢うは別れの始め」を英語で言うと?

「逢うは別れの始め」を英語ではどういうかについて解説していきます。

このことわざには2つの英語表現が当てはまりますので、それぞれ見ていきましょう。

【逢うは別れの始め】
 意味:別れはいつか必ず訪れる。

  • We never meet without a parting.
  • The best of friends must part.

We never meet without a parting.

  • 直訳:私たちは別れなしに出会わない。
  • 意味:出会えば別れは必ず訪れる。
  • 用語:never A without B:BなしにAしない

解説

この言葉の最後の「parting」は動詞「part」の動名詞です。

「part」は「一部分」という意味でよく使われますが、動詞で「別れる、分ける」という意味があります。

世の無常さを表現した言葉は、英語で見ても切なくなりますね。

The best of friends must part.

  • 直訳:一番の友人も別れなければならない。
  • 意味:どんなに仲のいい友達でも別れは避けられない。

解説

この言葉はアメリカのフォークソングの歌詞から引用されたもので、有名な歌手や俳優がカバーしたため多くの人々に知られるフレーズになりました。

どちらの表現も「逢うは別れの始め」と同じように「別れは必ず訪れるから、それまでの時間を大切にしなさい」というメッセージが込められています。

 

「逢うは別れの始め」の英語表現について解説しました。

 

>>ことわざ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました