DMM英会話って子どもは何歳から?子ども向け教材や効果的な使い方を解説!

DMM Kids eyecatchオンライン英会話

お子さんの英語学習にDMM英会話を検討している方も多いのではないでしょうか?

子どもから大人まで対応しているDMM英会話は、子ども専門のオンライン英会話に比べるとサービスや教材が充実していないんじゃない?と疑問に感じてしまいますよね。

この記事では、子ども向けDMM英会話の特徴や教材、効果的な使い方、注意点などについてお伝えします。

 

子ども向けDMM英会話の特徴

まず、子ども向けDMM英会話の特徴について簡単にご紹介します。

3歳から対象で、子ども向け講師も多数在籍

DMM英会話は子どもから大人までを対象としており、子どもは3歳からレッスンを受けることができます。

子ども専用のコースやカリキュラムなどはありませんが、キッズ向けの講師が約2,400人も在籍しているので、子ども向けの講師がいなくて予約できないということもありません。

120カ国以上の講師と出会える

国際色豊かな講師陣は、DMM英会話の魅力の1つです。

DMM英会話には120カ国以上の国々から講師が集まっており、色んな発音の英語を聞いたり、世界のさまざまな文化や考え方に触れたりできるので、小さいお子さんの国際感覚を養うのにもぴったりです。

キッズ向け男性講師が比較的多い

他の子ども向けオンライン英会話、特にフィリピン人講師のみのところだと、圧倒的に女性講師の割合が高いですが、DMM英会話はキッズ向けの男性講師が比較的多いです。

人にもよりますが、英語にも一般的に男性がよく使う表現と女性がよく使う表現があるので、性別を問わずいろんな講師と話してさまざまな表現を学べるのはDMM英会話のメリットと言えますね。

ネイティブ講師・日本人講師もいる

DMM英会話には、ネイティブ講師や日本人講師のレッスンを受けられるプランもあります。

料金はスタンダードプランの2倍以上かかりますが、他社の料金と比較すると格安なので、ネイティブの発音に触れさせたい、もしくは、いきなり外国人講師は子どもにハードルが高いかもという方にはおすすめです。

月額6,480円(税込)〜で毎日レッスンを受けられる

DMM英会話の料金プランは毎日のレッスン数でプランが決まっており、毎日1レッスンで月額6,480円(税込)です。

一見平均的な料金設定ですが、後述のように教材費は一切不要、無料で使える学習アプリも付いてくるので、コスパは抜群です。

プランスタンダードプラスネイティブ
講師非ネイティブのみ非ネイティブ
ネイティブ
日本人
月額料金

(税込)

毎日1レッスン6,480円15,800円
毎日2レッスン10,780円31,200円
毎日3レッスン15,180円45,100円

子ども向け教材が充実、しかもすべて無料

DMM英会話の無料教材の豊富さは業界でもトップクラスというだけあって、子ども向け教材もオリジナルから市販のものまでしっかり揃っています。

市販教材も含めすべて無料で利用できるので、事前に教材を購入する必要もなく、教材費も一切かからないのは大きな魅力です。

小学生の英検対策にも対応

DMM英会話の無料教材の中には、旺文社の「英検予想問題ドリル」もあり、英検対策の指導ができる講師も在籍しています。

5級から準1級まで対応しているので、英検を受ける小学生にもぴったりです。

子どもでも使いやすい独自システム

DMM英会話は、元々Skypeを使用したレッスンでしたが、2019年から「Eikaiwa Live」という独自システムを採用しています。

lesson room

デザインがシンプルでわかりやすいだけでなく、

  • アカウントページからボタン1つでレッスンルームに入れる
  • 教材を講師と共有できる
  • チャットボックスでのやりとりも可能

など、お子さんでも使いやすく学習しやすいシステムになっています。

レッスン後に届くレッスンノートで復習が楽

レッスン後は、講師から「レッスンノート」と呼ばれるフィードバックが届き、それには講師からのメッセージ、レッスンで使われたセンテンスや単語が書かれています。

lesson note

レッスンノートは過去のレッスン分も見ることができ、レッスンノートからレッスンルームに入って教材やチャットボックスの内容を確認することもできるので、復習がとても楽です。

使用教材や進め方など、レッスンのカスタマイズが可能

使用する教材やレッスンの進め方は、お子さんのレベルや状況に合わせてカスタマイズできます。

レッスン予約時に、使用教材、自己紹介の有無、間違いの指摘の度合いを選択するようになっており、メッセージボックスでより詳細にリクエストすることもできます。

Lesson Booking for kids

例えば、英語を始めたばかりのお子さんであれば、メッセージボックスに

My son/daughter has just started learning English. Please speak slowly, thank you.(息子/娘は英語を始めたばかりなので、ゆっくり話してください。)

のように書いておけば、講師もそのつもりでレッスンを始めてくれます。

24時間レッスン受講可能

DMM英会話は世界中に講師がいるため、24時間いつでもレッスンを受けられます。

お子さんが朝学校へ行く前でも、家族と過ごす夜の時間帯でも、都合のいい時間にレッスンが可能です。

レッスン予約は15分前まで、キャンセルも30分前まで可能

DMM英会話のレッスンは、15分前まで予約可能なので、急に時間ができて今レッスンしたいという時でも対応できます。

また、予約したレッスンのキャンセルは30分前までに行えば消化扱いにもなりません。

お子さんの都合に合わせやすいのは助かりますね。

iKnow!を無料で使える

DMM英会話に入会すると、月額1,510円(税込)の英語学習アプリ「iKnow!」を無料で使用できます。

英単語を効率的に身に付けられるアプリで、子ども向けコースもあるので、レッスン以外でも楽しくゲーム感覚で英語に触れられますよ。

 

DMM英会話の子ども向け教材と効果的な使い方

先ほど、DMM英会話は子ども向け教材が充実していることを特徴のひとつとしてお伝えしましたが、どんな教材があるのか具体的にご紹介します。

効果的な使い方も合わせてお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

おすすめ教材

キッズ英語

English for Kids

DMM英会話オリジナルのキッズ向け教材で、アルファベットや基本単語から簡単なあいさつや表現まで全52レッスンとボリューム満点です。

ABCから始められるので、英語に初めて触れる超初心者のお子さんにおすすめです。

「Let’s sing! 歌おう」というエクササイズがあり、小さいお子さんでも飽きないよう、音楽に合わせて楽しく学べるようになっています。

Let’s Go

Let's Go

「Let’s Go」は、全世界で使われているベストセラーの教材で、多くの英会話教室や他のオンライン英会話でも使われている幼児英語教育定番の教材です。

英会話力を伸ばしていく教材なので、先ほどのオリジナル教材「キッズ英語」をマスターして、簡単な会話ができるようになった頃に始めるのがおすすめです。

パッと目を引くポップでカラフルなイラスト、歌やゲームを交えたエクササイズなど、お子さんが英語を楽しく学べる工夫がいっぱいです。

SIDE by SIDE

SIDE by SIDESIDE by SIDEも世界中で使われている大人気英語教材です。

Let’s Goは幼児向けですが、こちらは年齢問わず英語初心者向けで、Let’s Goよりも内容が濃く、どちらかというと学校で学ぶような内容です。

文法、語彙、リーディングだけでなく、リスニング、発音、スピーキングなど、英会話に必要なスキルをバランスよく学べる構成になっており、学校でも英語を学んでいる小学生や中学生におすすめです。

エレメンタリーリーディングシリーズ

Elementary Reading Series

「モナ・リザにはどうして眉毛がないの?」などのアートの謎、アメリカ大陸を発見したコロンブスをはじめとする歴史的有名人のエピソードなど、興味深いトピックを英語で読む教材です。

リーディングを通して、読解力、発音、語彙力を伸ばしていきます。

子ども版デイリーニュースのような感じなので、基本的な文法が身につき、リーディング力も伸ばしていきたいというお子さんにおすすめです。

効果的な使い方

一緒に予習・復習をする

予習・復習をすると、レッスンで学んだことが定着しやすくなりますが、毎日の学習が習慣になるまでは一緒にやってあげるのがおすすめです。

予習では、好きな教材を一緒に選んでさらっと目を通す程度でOK、初めてのレッスンの時は自己紹介で何を言うか一緒に考えて練習しておくと安心です。

復習は、使った教材を見返すだけでもいいですし、講師から届いたレッスンノートを見ながら出てきた単語や文章のクイズをしてみるのもいいですね。

同じレッスンを違う講師で2回受ける

同じレッスンを2回受けるのも、学んだことがしっかり身につくのでおすすめです。

1回目のレッスンで苦戦していた単語や表現でも、もう一度同じレッスンを受けて何度も繰り返し口にすることで、「確実に話せる!」という自信に繋がり、自分から話せるようになります。

その自信をどんどん積み重ねることで、「学んだ英語」が「話せる英語」へと成長していくんですね。

ホワイトボードがあると便利

レッスン中、子どもが先生の言うことを理解できなかったり、答えがわからなかったりしてレッスンが先に進まない、という場面が必ず出てきます。

そんな時に活躍するのが小さいホワイトボードです。

先生の言ったことを書いて視覚的に伝えたり、答えのヒントを書いてあげたりするなど、ちょっとしたフォローをするのにかなり便利なのでおすすめです。

 

子ども向けDMM英会話の5つの注意点とその対策

ここまで、DMM英会話の魅力や教材についてご紹介してきましたが、その他にも事前に知っておくべき注意点が5つあります。

ここではその注意点と一緒にそれぞれの対策についてもご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

注意点1 毎日レッスンを受けるプランしかない

他の子ども向けオンライン英会話は、週○回、月○回などの回数制のプランのところが多いのですが、DMM英会話は毎日レッスンを受けるプランしかありません。

そのため、レッスンを受ける回数が少なければ少ないほど損をしてしまいます

お子さんやご家族の都合で週1、2回程度しか時間を取れない、週末の習い事として使用したい、と言う場合は回数制プランのある他のサービスの方がおすすめです。

対策 週1回から始めて、様子を見ながら頻度を増やしていく

毎日レッスンを受けられるという方にはDMM英会話はとてもおすすめですが、お子さんがまだ小さい場合、いきなり毎日レッスンを受けると、それがストレスとなってお子さんが嫌がる可能性があります。

そのため、最初は週1回から始めて、様子を見ながら徐々に頻度を増やしていくのがおすすめです。

注意点2 親子や兄弟でもアカウントのシェアができない

DMM英会話には家族でアカウントをシェアする制度がなく、子どもでも1人1アカウント持たなければいけません。

以前は親のアカウントを子どもが1ヶ月間だけ使えた時期があり、それを紹介しているブログなども多いのですが、それは古い情報で今はそのような制度がありません。

>>DMM公式サイトQ&A

DMM account

これは対策のしようがないので、家族や兄弟でできるだけリーズナブルにオンライン英会話を利用したいという場合は、アカウントを家族でシェアできる他のサービスを選びましょう。

注意点3 外国人講師のレッスンは親のフォローが必要

当然ですが、外国人講師とのレッスンは全て英語でのやり取りになります。

特にABCから始める超初心者のお子さんは、講師の言ったことをわかりやすく言い換えてあげたり、ヒントを教えてあげるなど、レッスンが成り立つようフォローしてあげましょう。

できるだけ早くお子さんがレッスンに慣れるには以下の対策が有効です。

対策1 Skypeやテレビ電話に慣れさせておく

パソコンの画面に映っている人と話すのが初体験で、かつ講師が初めて出会う外国人だと、子どもも緊張して固まってしまいます。

そのため、完全にオンライン英会話が初めてというお子さんは、事前にSkypeやZoomなどを使って「画面越しに誰かと話す」という経験をさせておくのがおすすめです。

遠方にいる家族でもいいですし、家族の誰かが外出中に家のパソコンとテレビ電話するのでも構いません。

対策2 年齢は4〜5歳からがおすすめ

DMM英会話は3歳から利用できますが、講師とのコミュニケーションを考えると、4〜5歳から始めるのがおすすめです。

その年齢だと学ぶことに対する好奇心や音を聞き分ける能力も高まっていますし、初対面の人と勇気を持って話すという経験もしているので、講師とのコミュニケーションを取りやすいです。

対策3 最初は日本人講師で慣れさせる

子どもの指導に慣れている講師であれば、外国人だとしても全く問題なくレッスンを受けられます。

しかし、いきなり外国人と英語のみのやり取りはやっぱり不安という方は、ある程度お子さんがレッスンに慣れるまでは日本人講師を選ぶといいでしょう。

コストはかかりますが、やはり日本語でコミュニケーションを取れるという安心感があるのとないのとでは全く違います。

注意点4 講師の質にバラつきがある

冒頭でご紹介したように、DMM英会話は講師が多国籍で人数が多いのはメリットでもありますが、その分講師の質にバラつきがあるのも事実です。

教え方のうまい講師がほとんどですが、「この人やる気ないな」「テキスト読んでるだけじゃん」という講師も少なからずいます。

そんなハズレの講師に当たらないためには、以下のように講師を探すのがおすすめです。

対策1 特徴で絞って講師検索

DMM英会話の講師検索画面ではさまざまな特徴で絞って講師を探すことができるので、この機能を使います。

子ども向けの講師を探すには、「キッズ向け」「初心者向け」を選択します。

市販教材Let’s Goを使用する場合は「Let’s Go対応」も選んでください。

Booking for kids

対策2 生徒の評価やコメントも参考に

「キッズ向け」と書かれている講師でも実際レッスンを受けてみると、小さい子どもの指導には慣れていない講師もいます。

そのため、実際にその講師のレッスンを受けた生徒の評価やコメントも見てみることをおすすめします。

teacher review

コメント欄には率直なレッスンの感想が書かれているので、同じようにお子さんにレッスンを受けさせている親御さんの良いコメントが多いと信頼性がありますね。

Teacher comments

注意点5 予約できるレッスン数が少ない

DMM英会話の予約できるレッスン数は1日に受講可能なレッスン数までです。

例えば、毎日1レッスンのプランに入会すると、予約できるレッスン数も1レッスン、1レッスン予約するとそのレッスンが終わるまで次のレッスンの予約はできません。

人気講師の予約を取ろうと3日先のレッスンを予約すると、それまでレッスンが受けられない、なんてこともあるので注意が必要です。

できるだけ毎日良い講師のレッスンを受けるには以下の対策が有効です。

対策1 お気に入りの講師を複数人見つける

お気に入りの講師は複数人、できれば10人以上見つけておくのがおすすめです。

人気講師の予約はなかなか取りづらいですが、10人以上いると、その中から空いている講師を探せばいいので予約を取りやすいです。

対策2 プラスレッスンチケットを使うのもあり

DMM英会話にはプラスレッスンチケットというものがあり、プランに関係なく追加でレッスンを受けることができます。

1枚500円と割高ですが、どうしてもこの先生のレッスンを受けさせたいという時にはおすすめです。

 

他の子ども向けオンライン英会話との比較

ここまでご紹介してきたように、DMM英会話には魅力もたくさんある反面、注意すべきポイントもいくつかあります。

以下の記事では、子ども向けオンライン英会話サービスを比較しておすすめをまとめているので、DMM英会話はイマイチかなと思った方は参考にしてみてください。

>>子どもの英語教育におすすめのオンライン英会話5選
※こちらの記事は現在執筆中です。公開までお待ちください。

 

DMM英会話は子どもにもおすすめ!無料体験レッスンを受けてみよう

この記事では、子ども向けDMM英会話の特徴や教材、効果的な使い方、注意点とその対策などについてお伝えしました。

DMM英会話は、子ども向け教材が豊富でコスパもいいので、お子さんの英語学習には非常におすすめのサービスです。

DMM英会話の無料体験では2回レッスンを受けられるので、気になった方はぜひ試してみてくださいね。

 

DMM英会話の無料体験レッスンへ

 

 

DMM英会話全体の特徴や基本情報については以下のリンクからご覧ください。

>>DMM英会話の特徴および基本情報

タイトルとURLをコピーしました